入社1年目社員インタビュー【その16】

現在の担当番組:日本テレビ「ZIP!(スポーツ担当)」

●番組制作現場の雰囲気は?
1人1人が良い映像を作りたいと思っているので、年齢・立場問わず自分の意見を伝えやすい環境。
休日にみんなでBBQに行ったりするほど仲が良いです。

自分の仕事は、映像に使用する素材を出し・許諾を取るのが基本業務です。ロケは月に1度あるかないかくらいですが、貴重な経験ができて楽しいです。

●制作現場に入ってみて感じたギャップは?
(他の番組のADさんと比べると)休みが多くシフト制なので予定が決めやすいです。趣味に費やす時間が多くとれました!ただ、休みが多い分1回の勤務時間が長いので、生活のリズムを整えるのが難しいです。

●テレビの現場で嬉しかったこと&大変だったこと
生放送番組なので、海外で行われるW杯やメジャーの試合は、時差の関係でオンエアギリギリに試合が終わったりします。試合を見ながら編集を行うディレクターをサポートをしたり、少ない時間でカンペを作ったりするので、緊張感もあり大変です!!

メイン企画を担当した時、ロケに行って選手の取材をしたり、準備も含め放送に至るまでとても大変でしたが、放送された時の出演者のリアクションや、SNSで視聴者の反響を見ると、とても嬉しくやりがいを感じます。

●就活で会社を決めたポイントは?
仕事をする上で「目標を持って働く」を大事にしたく、シオンステージはしっかりと自分をサポートしてくれる会社であり、面接をした際に働いてる方々の人柄の良さを感じたため、入社を決めました。

●採用面接で使っていた自分なりのテクニックは?
自分に自信を持ち、相手にありのままの自分を見せる。
伝えたいことを、長くなってもいいから伝える。とにかく「笑顔」でいる。
自然と緊張が緩和されます。

●学生時代にやっておいた方がいいことは?
1日5分でも10分でもいいので読書をする。

●就活生へのメッセージ
この業界に入ると友達と遊べなくなったり、帰省できないイメージがありますが、夏休みや年末年始休みはしっかりあります!
僕は1年間働いて、毎日が刺激的で自分の成長をすごく実感できています!大変なことも多いですが、やりがいを感じることが多く、他の仕事じゃ絶対に経験できない事がたくさんあります!
この業界に興味のある人は是非一緒に働きましょう!

社員インタビューは今後も続々更新していきます!どうぞお楽しみに!!