先輩スタッフの声

ディレクターとして自分らしく面白い番組を作る人材でいたい!

小さな頃からテレビが好きで、将来はテレビに関わる仕事に就こうと思っていました。
実際に、テレビの制作に関わって本当に思うのは「思っていたよりもずっと時間をかけて丁寧に番組が作られている」ということです。見ている側と作る側では全然違うんですね。
今までで一番楽しかったことは、普段生活していたら絶対行けないお店、場所に行けたりすることです。めちゃ楽しいです!大変だったのは、徹夜でフラフラの中走り回ったり、ロケ準備やロケの荷物を一人で担ったりする事ですかね。。

事務や販売・営業では味わえないワクワクやドキドキがあります。

普通の事務や販売、営業では味わえないワクワクや、ドキドキがあります。自分が仕込んだロケにいつもテレビで見ていた芸能人の方が参加したり、自分が打ち込んだテロップがテレビで放送されたり、エンドロールに自分の名前が流れたり…大変な分だけやり切った達成感も大きく、確実に成長している実感もあります。まだ私も転職して1年足らずですが、辛くてキツいことを分かった上で、やりがいのある楽しい仕事だと思っています。

採用はこちらから