前回大好評のADさんって実際どんな仕事をしてるの?シリーズです。

今回は、ADさんの仕事に欠かせないデジタイズという作業を紹介します。

数あるADさんのお仕事で説明をするのが本当に難しい!それがデジタイズという作業です。

 

デジタイズとは…

簡単にいうと撮影したテープやSDカード等の動画データをパソコンに取込む作業のこと。

すでに難しくなってきました。ただ慣れると本当に簡単なのです。

 

パソコンの編集はApple (MAC)のFinal Cut Proという編集ソフトが主に使われています。

他には、Adobe Premiere Pro などがありますが、それはまた今度にしましょう。

 

前置きが長くなってしまいましたが、

早速どのようにデジタイズするかみていきましょう!

【注意】何回も言いますが、ここで紹介するのは、この番組でのやり方です。

番組個々で多少やり方は違いますのでご参考までに!です。

 

今回はSDカード収録のデジタルカメラで動画撮影した場合のデジタイズ方法です。

(他にはテープに収録したテープのデジタイズ方法など収録メディアによって多少違います)

 

デジタイズで用意するのは、

IMG_2476

MAC(デスクトップ・ノートでやり方は変わりません)

 

次にデータを保存する

IMG_2479

外付けのHDD(ハード)

※容量が色々ありますが

 

MACとHDDをつなぐ

IMG_2480

USBケーブル

 

そして、映像を収録した

IMG_2482

SDカードが必要になります!

 

まずは、起動したMACと、

IMG_2485

外付けのHDD

IMG_2491

本体に接続します。

 

するとMAC本体に、

IMG_2494-2

HDDが読み込まれます!

(黄色のヤツですね)

 

次にSDカード

IMG_2499

カードリーダーに、

IMG_2500

挿入!

 

IMG_2495

そしてカードリーダーと本体を接続します!

 

すると

IMG_2503-2

はい、出ました、NO NAME!

(SDカードが読み込まれました)

 

いよいよ編集ソフト

IMG_2509

ポチポチッとダブルクリックをしてFinal Cut Proを起動します!

IMG_2510

すると、こんな画面が開きます!

これがFinal Cut Proの画面です。

(日々ディレクターさんが格闘しています)

画面上段にある

ファイル→”切り出しと転送”をクリック

SDカードに入っている素材(撮影した映像)が

※テレビ業界では、カメラなどで撮影したロケや収録の映像を「素材」と呼んでいます。

読み込まれます。

読み込まれた画面は・・・

こんな感じです。

カスタム名に映像の撮影日・詳細を打ち込みます。

それが素材名(映像名)になります。

取り込む素材を選択して、矢印の方向にドラッグします。

ドラッグ&ドロップすると読み込み開始!

(状況にクルクルマークが出ます)

ちなみに実際に撮影した映像の3分の2ぐらいで取り込まれます。

※PCのスペックにより変わります。

取り込みが終わると、

HDDに保存されます。

以上がデジタイズという作業の一工程になります!

この作業をロケ後、収録後にADさんが夜な夜な行います。

 

・・・ほらね?難しいでしょ?

ただ、文章にすると難しいですが、作業は慣れると本当に簡単です。

怖がらずに積極的にMacに馴染むことが大事!なのです。

 

ということで、ADのお仕事~デジタイズ編~でした!