ADさんって実際どんな仕事しているの?~ADの仕事・デジタイズ前編

新年明けましておめでとうございます。

IMG_2669

おみくじで大吉を引いてしまい、

今年の運気を使い果たしてしまった男、リーモーです。

 

昨年からブログが全然更新出来ませんでした。

年末って忙しいですよね!

年始って忙しいですよね!!

このブログは情報量が結構あるので、

気合を入れないと書けない!

で更新が滞っていました。

本年もゆるくブログを書いていきますので、よろしくお願い致します。

 

はい、初っ端から言い訳から入ってしまいました。

気を取り直して新年一発目のブログは、

前回大好評(多分)のADさんって実際どんな仕事をしているの?シリーズです。

 

今回は、ADさんの仕事に欠かせないデジタイズという作業を紹介します。

SSSでは未経験の方が入社する際は必ずAD研修を行ってから番組に配属しています。

数あるADさんのお仕事で説明をするのが本当に難しい!それがデジタイズという作業です。

多分研修を受けている方もあまり分かっていないかもです。

 

デジタイズとは…

本来はアナログの映像や画像をデジタル化することを意味しています。

映像関係でデジタイズというと、ビデオテープ全般の映像をパソコン上の映像データに変換することを言います。

VHSビデオテープなどはアナログですが、

miniDVやDVCAMなど(テレビ業界で使われる撮影テープの事)はテープに記録されているのはデジタルデータなので、

例えばminiDVテープをデジタイズするということは「デジタル→デジタル」の変換を行っていることになるので、

本来の意味とはずれるのですが、「デジタイズ」すると言います。

 

一昔前はテープからテープへビデオテープを編集することが主流でした。

現在のテレビ業界では、パソコンで編集作業をすることがほとんどです。

簡単にいうと撮影したテープやSDカードをパソコンに取込む作業のことですね。

すでに難しくなってきました。

ただ慣れると本当に簡単なのです。

 

パソコンの編集はApple (MAC)のFinal Cut Proという編集ソフトが主に使われています。

他には、AvidやAdobe Premiereなどがありますが、それはまた今度にしましょう。

 

前置きが長くなってしまいましたが、

早速どのようにデジタイズするかみていきましょう!

何回も言いますが、この番組でのやり方です。

番組個々で多少やり方は違いますのでご参考までに!です。

 

今回はSDカード収録のデジタルカメラで動画撮影した場合のデジタイズ方法です。

(他にはテープに収録したテープのデジタイズ方法など収録メディアによって多少違います)

 

デジタイズで用意するのは、

IMG_2476

MAC(デスクトップ・ノートでやり方は変わりません)

 

次にデータを保存する

IMG_2479

外付けのHDD(ハード)

※容量が色々ありますが

 

MACとHDDをつなぐ

IMG_2480

USBケーブル

 

そして、映像を収録した

IMG_2482

SDカードが必要になります!

 

まずは、起動したMACと、

IMG_2485

外付けのHDD

IMG_2491

本体に接続します。

 

するとMAC本体に、

IMG_2494-2

HDDが読み込まれます!

(黄色のヤツですね)

 

次にSDカード

IMG_2499

カードリーダーに、

IMG_2500

挿入!

 

IMG_2495

そしてカードリーダーと本体を接続します!

 

すると

IMG_2503-2

はい、出ました、NO NAME!

(SDカードが読み込まれました)

 

いよいよ編集ソフト

IMG_2509

ポチポチッとダブルクリックをして

 

Final Cut Proを起動します!

IMG_2510

 

そしていよいよ、

じゃん!!

次回に続く!!!

(すみません、内容が難しいので2回に分けて掲載します)

 

後半もお楽しみに~

 

【一般職】今日の急募情報はこちら!