ADさんって実際どんな仕事しているの?~ADの仕事・デジタイズ後編

どーも!SSSのリーモーです。

 

現在SSSでは、

来年度入社する新人さんの番組配属顔合わせが連日行われています。

せっかく夢を持って入社してくれる新卒の子たちが、

少しでも希望の番組に配属されるように我々も奮闘しています。

 

8割の顔合わせが終わりましたが、

ほとんどの子が希望の番組、ジャンルに配属が決まっています!

希望する会社に入社するより、希望する番組に入る方が難しいのですが、

SSSでは秘策がありますので、お任せ下さい。

 

秘策が気になりますか?

当然機密情報なので、

気になる方は是非入社して下さい。

 

さて今回は、先日の続き、

ADさんって実際どんな仕事しているの?~ADの仕事・デジタイズ後編をお届けします。

 

前回のデジタイズ前編はこちら!

 

Final Cut Proを起動すると

IMG_2512

(いつもの登場人物、ADマッキ―)

 

こんな画面が開きます!

IMG_2514

これがFinal Cut Proの画面です。

(日々ディレクターさんが格闘しています)

 

画面上段にある

IMG_2515

ファイル→“切り出しと転送”をクリック

 

 

SDカードに入っている素材(撮影した映像)が

※テレビ業界では、カメラなどで撮影したロケや収録の映像を素材と呼んでいます。

IMG_2516

読み込まれます。

 

読み込まれた画面は…

IMG_2517

こんな感じです。

 

カスタム名に映像の撮影日・詳細を打ち込みます。

IMG_2519

それが素材名(映像名)になります。

 

取り込む素材を選択して、

矢印の方向にドラッグします。

IMG_2523-1

ドラッグをすると読み込み開始!

 

 

IMG_2525

(状況にクルクルマークが出ます)

ちなみに実際に撮影した映像の3分の2ぐらいで取り込まれます。

※PCのスペックにより変わります。

 

取り込みが終わると、

IMG_2531

HDDに保存されます。

 

以上がデジタイズという作業の一工程になります!

この作業をロケ後、収録後にADさんが夜な夜な行います。

 

ほらね、難しいでしょ?

 

ただ文章にすると難しいですが、

作業は慣れると本当に簡単です。

怖がらず積極的にMACに馴染むことが大事!なのです。

 

【テレビ業界】今日の急募情報はこちら!